つんくと共に100歳まで生きていく 狼住人達との愉快なWi-Fi対戦日記

ニンテンドーネットワークIDはhamabonです。どうぞよろしく
<< いよいよ来週 | main | 2月22日 >>
予想通り撃沈しました

さて、前回のエントリーにも書きましたが、この週末はマラソンを走ってきました。

そして予想通り、撃沈してきました。

 

 

 

 

正式タイムはまだ分からないのですが、ランニングウォッチの計測だと、

「4時間16分11秒」でした。

スタートロスが2分ちょっとあったから、グロスだと4時間18分20秒くらい。

うーん、凡記録。

 

前回のエントリーで「4時間15分〜4時間30分くらいで走れれば御の字」と書きましたが、まさにその通りとなりました。

うむ、練習は裏切りませんね(悪い意味で)

 

ハーフ地点くらいまではなんとか頑張れてたんですけどね。

そこからじわじわとペースダウンしてしまい、踏ん張ることができませんでした。

予想以上の暑さで手持ちの経口補水液(200ml×3)が早々と底をつき、30km以降はエイドの度に水を飲む羽目になったのも痛かった。

さらに追い打ちをかけるように、かなりの空腹感が出てきて、32km地点と38km地点のエイドでは思いっきり足を止めてバナナとか牛肉を食っちゃいました。

パワージェル3本とベスパハイパー2本持ってたのに全然足りなかった。きっと体重が重かったせいで消費カロリーも多くなったのでしょう。とほほ。

 

やっぱり敗因は練習不足と体重だな。

昨年11月末の大会で膝を痛めて満足のいく練習ができなかったのはしょうがないとしても、せめてダイエットは頑張るべきだった。

大会1週間前に79kgとか「なめとんのか」って感じですよね。

2年前の愛媛マラソンでサブフォー取ったときは、キチンと体絞って、大会1週間前は73kgでしたからね。

フルマラソンって俗に「体重が1kg減ったらタイムが3分縮む」って言われているのですが、もし今回、愛媛マラソンの時みたいに73kgだったら、(79−73)×3=18分もタイムが縮んでた!サブフォー取れてたじゃん!(皮算用)

 

とまあ、そんなチンケなレースでしたが、良いところもありました。

79kgのクソデブボディでフルマラソン走ったにもかかわらず、今回膝がまったく痛くならなかったんですよね。

今このブログを書いている現在、フトモモとふくらはぎに強烈な筋肉痛があるのですが、関節痛らしきものはありません。

今回、GONTEXの膝貼足2を貼って、その上にワコールのCW-Xジェネレーターを履くという「ダブルガード戦法」をとったのですが、それが良かったみたい。

タイムこそショボかったものの、膝の痛みが全くなかったということだけで、ゴール直後のボクはかなりゴキゲンでした。

これは来年以降に繋がる。この戦法は今後のデフォにしようと思った次第です。

 

 

というわけで、予想通りの撃沈、でも得るものもあったというそんな大会を、写真でささっと振り返って、本エントリーを終わりたいと思います。

来シーズンこそはグロスでサブフォーとるぞ!オー!

 

 

 

 

 

前日受付なので、土曜日に現地に移動します。

節約がてら、今回は鈍行列車でのんびりと。

 

 

 

 

現地到着。5時間近くかかりました。無駄に疲れた……

さっそく昼ごはん。名物の鉄鍋餃子でカーボローディング。

 

 

 

 

昼ごはんの後は受付会場へ。東京マラソンに比べてアットホーム感があって安心。

東京マラソンはテロ防止やら何やらで結構ピリピリしてたしね。

 

 

 

 

EXPO会場内にありました。映画の街らしい。

 

 

 

 

重い荷物を持ってウロウロしてても疲れるだけなので、早めに宿に移動します。

 

 

 

 

今日の宿は、小倉から3駅離れた門司港の近く。

小倉周辺は宿とれませんでした。なぜならアパホテルが小倉周辺の宿の相場を吊り上げやがったからだ!

大会前日だけ、ピンポイントで18000円くらいしやがる!くそーアパめー!!

 

 

 

 

今日の宿は「ホテルポート門司」

マラソンランナーのためのロングステイプランが用意されてて、チェックアウト時間が日曜日の夜8時に設定されているので、大会終了後にホテルに戻って風呂に入れるのだ。他にも朝食時間帯をランナー用にずらしてくれてるし、水3本プレゼントしてくれるし、至れり尽くせり。アパとは大違いだね!

 

 

 

 

時間が余ったので、ホテルにほど近い地元の銭湯に突撃。遠征の醍醐味ですね。

「半袖半ズボンを履いてるのか」ってくらいビッシリ刺青を入れたヨボヨボの爺さんがいて面食らいましたw

 

 

 

 

風呂上がりに黄昏時の街をブラブラ。

門司はオサレタウンですね。

 

 

 

 

夕食は名物の焼カレー。

風呂上がりでめちゃくちゃビール飲みたかったけどノンアルでガマン……

 

 

 

 

カレーを食べた後は軽く街をウロついてホテルに帰着。

減量は失敗したけどせめて当日のコンディションは最高にしておかねば。ってことで華麗に夜8時に就寝。

 

 

 

 

翌朝。5時半きっかりに朝食。

コーヒーがデフォで付いてない(頼めば出てくる)のが良いね。そうそうカフェインはイランねん。分かってるじゃないの〜。

ここで、相席したランナーの人とアパホテルdisで意気投合しました(しつこい)

 

 

 

 

ホテルで着替えます。

道重さゆみ再生をアピールすべく、さゆTを着て走ります。

 

 

 

 

現地に到着。超青空。

暑くなりそうだったから、さゆTの下のコンプレッションインナーを脱ごうかどうか迷ったけど、関門海峡周辺は強風で寒くなると聞いていたので脱がずに行きます(これは結果として失敗だったかも)

 

 

 

 

いよいよスタート。

ゲストの有森裕子さんがレイザーラモンHGみたいに「フォーーーー!!!」連発してたのが面白かった。そんなキャラだったっけ?w

 

 

 

 

そして完走。ガチ走りなので道中の写真はありません。

レースの内容は先に書いた通りです。疲れた。

沿道から「道重頑張れー!!」と声援があったので、うさちゃんピースをかましてやりましたよ。

 

 

 

 

ゴールのご褒美、自衛隊の豚汁をいただきます。

カラカラになった体に染み渡る〜

 

 

 

 

風呂に入るため、マラソンコース沿いの電車に乗ってホテルに戻ってたら、ちょうど関門クローズでボランティアの人が引き上げてました。

楽しかったです。ありがとうございました。

 

 

 

 

ホテルに戻って風呂。

これが今回膝を守ってくれたGONTEXの膝貼足2。これは良いですぞ。おススメ。

 

 

 

 

というわけでさらば小倉。さらば門司。

月曜日は有休をとっているので、帰りも鈍行でチンタラ帰ります。節約節約。

 

 

 

歴史の浅い大会みたいだけど、こなれてて実にストレスなく参加できました。いい大会でした。

来年、東京マラソンに落選したら、またここを走りたいと思います(やっぱり東京マラソンは特別なのだ)

 

気を取り直して、来シーズンに向けて頑張っていきまっしょい!!!

 

 

 

 

 

しかし翌日、昼間から酒と焼き肉食い放題をたしなむ僕の姿があるのでした……

(この日くらいいいでしょうよ!!)

 

 

 

 

 

ちなみにラップ

 

 

 

| bon | ジョギング・マラソン | comments(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>