つんくと共に100歳まで生きていく 狼住人達との愉快なWi-Fi対戦日記

ニンテンドーネットワークIDはhamabonです。どうぞよろしく
<< 先週の娘。コンハシゴ旅の動画ができました | main | ついに腹をくくる時がやってきた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - |
革命キタ!!!!!!

さて。

今週ついにアレが発売されましたね、アレが。
もちろんながら、わたくしゲットしちゃいましたよ。ええ、ゲットしちゃいましたとも。

 

 

 

ジャーン!これです!PlayStationVRです!

 

 

基本的にわたくし、ことゲームに関してはとにかく新し物好き。
PS1もPS2もPS3もPS4も、全て発売日にゲットしているのでありますよ。
(ゴメン嘘。PS3だけは発売日にゲットしてなかったヨ)
そして、今回のVRを含む「3Dテクノロジー」と呼ばれるモノに関しても、過去に「セガ3Dグラス」をゲットしてみたり、ゲーセンで「コンチネンタルサーカス」にドハマりしてみたりと、昔から人一倍興味ありまくりな訳でして、きたるべきバーチャルリアリティの未来を、人知れず待ち望み続けておりました。

 

そんな中、ついに出ましたPSVR。
前評判では「すごい!」とのことでしたが、正直なところ疑心暗鬼ではありました。
だってこれまでずっと3Dテクノロジーに期待し続けてきたものの、これまでのものってぶっちゃけ「子供だまし」でしたもんね。
見た瞬間「おー、立体に見えるねぇ」とはなるものの、それはあくまでもビックリ箱的なサプライズ。その立体効果が双方向的にゲームプレイに関わるようなことはなかったため、しばらくすると飽きてしまいました。3DSの立体視なんて今じゃ完全にOFFですしね。

(DSの「立体かくし絵 アッタコレダ」はかなりの衝撃でしたけどね)

 

 

と言うわけで、はてさて今回のサプライズは一体どれほどのモンやら……と、

若干斜に構えてゲームプレイを開始しました。

 

 

 

ごめんなさい。俺ちょっと見くびってました。

 

何これ!何これ何これ何これ!!!


すごい!!!すごいすごいすごすぎる!!!

 

 

キャラクターが前進したら、ケツの下がベルトコンベアに乗って移動しているかのような錯覚に陥る!!!
ちょっと信じられない。想像をはるかに超える没入感。まさかここまで凄いとは思わなかった!!!
遂に来たぞ!!今度こそ来たぞ!!未来が!!!

 

もうすっかりテンションが上がっちゃって、色々ダウンロードしちゃいました。

 

 


PS2でプレイしていた「Rez」がVR対応になったのでダウンロード購入してみました。懐かしい。
VRになったらプレイ感覚が全然違う!むしろVRでようやく完成形になったという感じ。おもしれえ。かっけえ。

 

 

 

 

バイオ7のプロローグ版ともいうべき「KITCHEN」。100円だったので買ってみたけど、これ怖すぎ!!
ちょっと悲鳴をあげてしまった。深夜だったのに。
ゾンビが迫ってくるところで思わずのけぞってしまい、後ろの壁に頭をぶつけてしまった。深夜だったのに。
怖すぎてバイオ7買いたくなくなりました。ある意味ネガキャンソフト。

 

 

 


PlayStation VR WORLDSに収録されている「スカベンジャーオデッセイ」。
VRで宇宙を大冒険!ロンチでここまでのソフトが出ることに感激。今後が楽しみすぎる!
VR酔いが激しかったのがちょっと難点。

 

 

あと、ゲームじゃないけど、「allumette」という短編映画がすごくよかった。
VRで鑑賞するクレイアニメなんですけど、VRを存分に使ってて見応え満点でした。
「どこからか音が聞こえてきたので周りをキョロキョロ見廻す」とか「主人公が死角に入ったので覗き込む」とか、こんなことをさせる映画なんて初めてで、とても新鮮でした。

 


いやーすごい。
本当にすごい。
こりゃ確かにゲームの革命かも。
初代PSやセガサターンが出てきたときの衝撃に匹敵しますわ。
ゲーセンで初めてバーチャレーシングやバーチャファイターを見た時の衝撃に近いといってもイイかも。
まだまだゲーム業界も熱いですねぇ。嬉しくなります。


でも歯がゆいことに、俺がここまで絶賛してみても、VRの凄さってヤツは全然伝わらないんですよねえ……
YouTubeとかでVR実況動画を見てみても、実況主が凄い凄いと絶賛しているにもかかわらず、凄さは全然伝わってこないんですよね。
これはもう是非、実際にVRを体験してみてほしいッス。
YouTubeの実況なんかじゃ絶対に伝わらない感動がそこにある!断言できます。


なんかステマくさいエントリーになってしまいましたが、事ほど左様に感動したのでありまして、その旨ご理解いただきたく存じます。

そして繰り返しになりますが、是非是非このPlayStationVR、実際に体験してみてほしいです。

これから未来のエンターテイメントを語るうえで、VRは避けて通れないであろうことが確信できると思います。

 

高価だけど買って良かった。
ビバ!VR!

 

 

| bon | Wii・PS(据置ゲー) | comments(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>