つんくと共に100歳まで生きていく 狼住人達との愉快なWi-Fi対戦日記

ニンテンドーネットワークIDはhamabonです。どうぞよろしく
<< がっかりホリデー | main | 自炊生活、始めました >>
膝に良いこと、始めました
2週間前突発的に患った胃腸炎により、出場予定だったマラソン2大会をDNSするはめになったわたくし。

胃腸炎については、マラソン大会前に手っ取り早く体重を落とすため、「夕食は刺身だけ」の生活を続けてたのがマズかった模様。
そりゃ毎日のように刺身を食べてたらこういう目にもあいますわなぁ。ちょっぴり反省。

そもそも、なんでこんなに無理やり体重を落とそうとしたのかと言うと、膝への負担を減らすため。
9月中旬辺りから膝の調子が悪くなって、思うような練習ができなかったこともあり、少しでも膝への負担を減らそうと、ちいとばかし焦っちゃったんですよね。すべての元凶は膝の不調にあり、だったのでした。

そんなわけで、これから当面の目標としましては、「膝の調子を復活させる」ことを第一にしたいと思います。
ジョグの走行距離は少し抑え目にして、スピード練習とかもしない。そもそもわたくしが目指している「グロスでのサブフォー」って、別にスピード自体はそんなに必要ありませんしね。


と言うわけで、これから膝のためにやること。



1.整形外科に掛かる

なにはなくともまずはコレ。
2014年の初頭に膝が痛くなり、整形外科に掛かって「変形性膝関節症」と診断されたのですが、今回の痛みもその時のものに似てまして。
その時は、電気治療とリハビリで痛みがほぼなくなったので、今回も同じように病院に掛ろうかな、と。
幸いにもレントゲンを見る限りでは、2014年のものと今回のものでは、ほぼ変化なしだったので、軟骨の擦り減りは進んでなさそう。
ただ、2014年の時は「膝下の外側」が痛かったのですが、今回は「膝下の内側」が痛い。部位が違うので、その旨ドクターにキッチリ説明して、最適な治療を受けたいと思います。



2.膝周りの筋肉を鍛える

関節が弱いんだったら周辺の筋肉を鍛えるべし!
ということで、膝周りの筋肉を鍛えたいと思います。病院でも言われたし。
具体的なトレーニングは王道中の王道「スクワット」。ただし膝への負担が少ない「ハーフスクワット」です。
スクワットの際に、膝コゾウがつま先より前に出ないようにして、お尻を後ろに突き出すようにするのがコツらしい。
この度、スクワット管理のアプリも購入。毎日コツコツと続けていきたいと思います。

 
やってる姿はちょっとオマヌケですが、加速度センサーの精度がなかなか良くていい感じです。



3.サポーターを常用する

病院のイケメン理学療法士さんの診断によると、「貴方は膝の安定性が絶望的に悪い!」そうです。
フルボッコ。もうけちょんけちょんに言われました。くっくやしいビクンビクン。。。
でも思い当たる節はあるのです。て言うのも、ワコールのCW-X Generatorを履いてジョギングすると、膝が明らかに安定して痛みもほとんど出ないんですよね。これって、普段はブレブレの膝がタイツによって矯正されているという何よりの証拠。
もうこうなったら、膝周りの筋肉が鍛えられるまでは、毎度のジョギングでタイツを履くしかない!との結論に至りました。
ただ、CW-X Generatorは2万円近くする高級品。毎度のジョギングに履いて酷使できるほどわたくし裕福ではございません。
そこで、膝だけのCW-Xを新たに購入しました。


普段のジョギングにはこの膝だけCW-Xを使用して、
高級品のGeneratorは、週末のLSDや大会本番といった、ここぞという時に使用したいと思います。



4.グルコサミン、コンドロイチンに頼る


で、でた〜!!!眉唾アイテム〜wwwwwwww

いやね、わたくしも薄々思ってるんですよ。
「経口摂取した成分がピンポイントに膝関節に届くだなんて馬鹿げてる」ってのは。
でも、色々調べてみると、「変形性膝関節症」に限って言えば、グルコサミンやコンドロイチンの経口摂取が、症状の緩和に一定の効果があったという報告もあるみたいなんですよね。まぁそれ以上に効果がなかったという報告も多いのですがw
じゃあどっちを信用するのか?という話になるのですが、せっかくだから俺は飲む方を選ぶぜ!
たとえプラセボ程度の効果しかなくとも!
俺はアグレッシブに生きていく!!

でもせっかく飲むのであれば、少なくともエビデンスのある「医薬品」を選択したい。
コンドロイチンの方は、有名なゼリア新薬のコンドロイチンZS錠が一応「医薬品」扱いなので、これをチョイス。
グルコサミンの方は、日本で一般的に売っているグルコサミンは「グルコサミン塩酸塩」と言って、ただのサプリメントなのでNG。医薬品扱いのグルコサミンは「グルコサミン硫酸塩」と言って、海外から取り寄せれば手に入るらしい(海外ではグルコサミン硫酸塩が変形性膝関節症の内服薬として使用されているとのこと。ちょっと期待できそうだよね!)ってことで、Amazonにて海外のグルコサミン硫酸塩をゲット。
これを少なくとも半年は飲み続けたいと思います。薬効果じゃなくて筋トレ効果で治癒する可能性高しですが、それならそれでいい。
俺はただ痛まない膝が欲しいだけなんじゃ!そこんとこよろしく!



そんなこんなで、涙ぐましいまでの膝のケア。果たして吉と出るか凶と出るか。
このブログで定期的に報告させていただきます。
 
 
| bon | ジョギング・マラソン | comments(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - |









 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>